自宅でボイトレする時のポイントをご紹介!

このサイトでは自宅で空いた時間を利用して本格的なボイトレを始めたいという方に向けて、セルフトレーニングのメリットや用意する物などを紹介しています。
セルフトレーニングを行うのは、教室に通う必要がないので自分の生活スタイルに合わせて無理なく続けることが出来るメリットがあります。
また教材などを自分で用意することができれば、費用を最小限に抑えることも出来るので手軽に学びたいという方に人気が高くなっています。

毎日自分でも出来る自宅ボイトレ

毎日自分でも出来る自宅ボイトレ 自宅でボイトレを行うのは、決められた日時に教室に通う必要がなく自分のペースでトレーニングを行えるメリットを持っています。
特に技術向上を希望している方はレッスンを沢山入れたけれど、頻繁に教室に通うのは辛くて続けることが出来なかったり、経済面でも厳しいと感じてしまう方も少なくありません。
しかし自宅で行うボイトレであれば、短時間のトレーニングから初めて様子を見つつ徐々に時間を増やしていくなど、その日の気分や空いた時間をうまく有効活用することが出来ます。
調子の悪い日は練習を休むなど融通が利くので、毎日続けていくことが出来るとレベルアップを目指すことが可能です。
教室でレッスンを受けるとマンツーマンになれば費用も高額になりますし、初心者の方にとっては自分の用意した教材をベースに続けていくことが出来るので、本格的にプロの教わる前に自分である程度力を付けてみたいという方はセルフトレーニングが向いています。

自宅でのボイトレを継続させるためのポイント

自宅でのボイトレを継続させるためのポイント ボイトレで高い効果を出すためには、継続することが大切です。
しかし自宅でボイトレをする際にはその壁となる要素が数多くあるので、それと上手に付き合っていかなければなりません。
よくあるのが騒音問題で、ボイトレで出す大きな声が近所迷惑になってしまう恐れがあります。
また大声を上げるのを他の人に聞かれたくはないと考える人もいるでしょう。
そんな時は、小さな音でも行える類を選択するのもひとつの手です。
また本格的な防音室を用意する場合は数十万円かかりますが、口元を覆う規模で声を抑える道具だと手に入れやすいです。
それを使用すると、ある程度の声の大きさでも周囲に聞こえるリスクが減らせます。
ただそれだけでは効率的な上達は見込めないので、週に1度くらいの頻度で別の場所で行うという風に複数の方法を切り替えると良いでしょう。
有効的なのはカラオケボックスの利用で、大声が全く問題になりません。
さらに自宅でのボイトレは習慣付けるためのモチベーションが欠かせません。
したがって複数の方法を使い分けると、気持ちの切り替えという意味でも貢献してくれるでしょう。
ただ自分だけの力ではどうしても継続ができない場合は、素直に人のサポートを受けた方が良いです。

歌がうまくなりたいなら基本のボイトレを疎かにしてはいけない

歌をうまくなりたいならボイトレがとても大事です。
ボイトレとは準備運動のようなもので、いきなり歌っても喉を傷めつけてしまうだけです。
喉で歌おうとするのではなく、身体全体で歌を歌うと喉に負担をかけなくて済みますし、負担をかける歌い方はそのうちに喉がつぶれてしまいますし、喉をつぶしてしまうと日常生活にも支障が出ます。
ボイトレの基本は滑舌をよくするリップロールのほかにも、体幹を鍛えることも大切です。
体がぐらぐらだと声がよく通りません。
よくオペラ歌手も恰幅がいい人がいます。
必ずしも太る必要はありませんが、歌は体力を使いますので、身体をしっかり支えないと声が通らないのは確かです。
顔も口角を挙げたほうが声がよく響きます。口だけではなく顔全体で音を響かせて歌うイメージです。
日々のボイトレが歌が上手になるためには大切です。
しかしボイストレーニングは体の鍛錬にもなりますので、ぜひ前向きに取り組めば歌がうまくなるだけでなく、身体もとても鍛えられます。

ボイトレに適した曲とはどのようなものなのか

歌が上手くなりたいのでボイトレをしたいけれど、どのような曲を選んだら良いのかと迷う人もいるのではないでしょうか。
そのような時には、それぞれの人のレベルに合った最適な難易度の歌を選ぶことをお勧めします。
というのも初めからあまり難しすぎる曲を選んでしまうと、喉を傷めてしまったり良くない癖がついてしまい後で矯正するのに苦労する可能性があるからです。
そのようなことを避けるためにも、ボイトレをする際には自分の上達度合いに合った難易度のものを選ぶことが大切です。
しかし具体的にどの歌が自分の上達度に合っているのか良く分からない、という人もいるかもしれません。
そのような時にはボイトレスクールなどで、講師にアドバイスを求めるのがお勧めです。
そうすれば、好みに配慮しながらも自分のレベルに合った最適なレベルの歌を教えて貰うことができるでしょう。
勿論1人で独学で練習するよりも、早くその歌をマスター出来るというメリットもあります。

ボイトレに関する情報サイト

自宅で簡単ボイトレ

新着情報

◎2021/1/18

教室のかしこい選び方
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

自宅ボイトレは動画を参考に
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

行なうべき筋トレ
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ボイトレ 継続」
に関連するツイート
Twitter